青い菊をサントリーが開発

Pocket

青い菊をサントリーが開発に成功したそうです。
カーネーションとバラに続き、今度は菊ですって。

青い菊を開発

菊って、黄色や白、ピンクなど、いろいろな色がありますけど、
青色や青紫はなかったそうなんです。

食品産業技術総合研究機構とサントリーグローバルイノベーションセンターが、
遺伝子組み換え技術を使って、青い菊の開発に成功しました。

新しい色の花って「開発」するものなのですね。

青いキクをYouTubeで見る

他の花の遺伝子の働き

菊って元々青い花がないんです。

なので、カンパニュラとチョウマメの遺伝子を使って、
菊の無色のフラボンと相互作用すると、青色になるんですって。

カンパニュラはこんな花。
きれいな青ですね。

チョウマメもきれいな青。

この花たちが青い菊を咲かせてくれたのですね。

気になる一品

青いカーネーション「ムーンダスト」の花言葉は「永遠の幸福」

応援していただけると嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする