実は配布、なら元は?

Pocket

ネットのニュース記事の見出しで気になったんです。
「実は配布」
「じつははいふ」
じゃぁ、元々はどんな予定だったの?と思って記事を読んでみました。

記事を読んでみた

明治期からある都内街路樹で「トチの実落とし」実施 実は配布
2017年8月19日、東京都内の国道1号(桜田通り)で「トチの実落とし」が行われます。トチの実は持ち帰りが可能です。
引用 : 乗りものニュース

トチの実落とし
トチの実・・・落とし

あ、そうか!
「実は」は「じつは」じゃなくて「みは」なんですね。
はいはい、とちの実ですもんね。

年のせいなんですかね。
最近思い込みが多くて、「じつは」って思ってしまいました。

恒例イベント「トチの実落とし」

東京都千代田区の桜田通りの総務省前で、
トチの実落としをするので、
希望者は、手袋や持ち帰るための袋を持参の上、
来てくださいとのこと。

日時は8月19日の午前11時から15時までです。

トチの実の利用方法は?

トチの実の利用法には、
食べる
焼酎につける
といったものがあるそうです。

トチの実 利用方法

焼酎に付けたものは、
飲むのではなく打身や肩こりに効くそうですよ。

食べるには、灰汁がとても強いので、
あく抜き作業をしなくてはいけません。

街路樹では落ちて歩行者に当たると危ないので、
先にとちの実を落してしまうほど、
トチの実はとっても硬いのであく抜きも大変なんだそうです。

とちもちやトチの実せんべい、かりんとうなどがあります。

気になる一品

トチの実のあく抜きは、手間と時間がかかるんですよね。
この とちもち ならすぐ食べられますよ。